舞台「#これで恋ができるなら」6月公演中止のお知らせ

100点un・チョイス!第11回公演

「#これで恋ができるなら」は新型コロナウイルスの感染拡大防止、並びに緊急事態宣言の延期に伴い、6月3日(水)~6/7日(日)の全公演を中止する判断を致しました。

 

まず、この判断、決定に至るまでお時間を頂いてしまいました事、そして公演を楽しみにしてくださっていたお客様のお気持ちに添う事が出来ず、このような結果になりました事を深くお詫び申し上げます。

決して、仕方がない事で終わらせていい事ではございません。

 

6月の公演を中止するという判断に至る事は決して簡単ではありませんでした。

 

緊急事態宣言が発令され、日々いろいろな状況が目まぐるしく変わる中でも感染者が1人も出なくなり、いつものようにマスクもせずにたくさん笑い、たくさん汗や涙を流す稽古をし、汗や涙がたくさん詰まった笑顔溢れる作品をお客様にお届けできる、そんな日がくるのではないか…と僅かな希望にかけておりましたが…このような状況の中出演者、スタッフが稽古場まで移動し、いつものように稽古をする事も出来ず…このような判断に至りました。

 

この1か月…出演者やスタッフやお客様がウィルスに感染してしまう…そんな悪夢に何度も魘されました…。

でも私はそれが夢ではなくなる事も考えなくなてはなりませんでした。

 

中止の決定を出演者、スタッフに伝えた時…僕達、私達は何も出来ずごめんなさい…この判断に至る事は決して簡単ではなかったと思います…という言葉をいただき涙が流れました。

出演者、スタッフは作品を作る時、すごい力やパワーがあります。

今、感じているこの状況の中での〈僕達、私達の無力〉は絶対に無くしていかなくてはいけないと私は思っています。

又、2020年6月の公演は中止に致しましたが、現在この公演が延期出来るように動いております。

まだ発表前の出演者もいました…役にぴったりな出演者もいました…今回、この作品の役が挑戦になる出演者もいました…過酷なオーディションに真剣に向き合い、この作品で初舞台を踏む出演者もいました…またこの作品で初めて一緒に作品作りができる出演者もいました!スタッフも公演を開催するという判断をした瞬間からすぐ動けるように水面下で準備してくださっていました…少しずつ作品デザインや作品のイメージカラーも出来ていました…!

 

この事を絶対に無駄にはしたくありません。

 

今回、この6月公演の日程は非常事態宣言外になりましたが…それでも公演は出来ません!

これから公演を控えている舞台もきっとどうなれば公演ができるのだろう…その事で同じ悩みを抱えていると思います。

この状況を変えていかなくては舞台はいつまでも公演を開催する事が出来ないと思います。

でも今、私にはそんな事を言う権利も力もない事も感じてます。

 

非常事態宣言の日程により多くの損失を抱える事業者さんもいると思います。

正直、今回私達も損失を抱えてしまう事は避けられません。

 

それでもこの作品をお客様にお届け出来る様に最善の努力をしたいと考えております。

 

公演が出来ないかもしれない…そんな思いが何度も過ぎりましたが…この作品がお届けできると信じて必死に書きました!

お客様の近くでこの作品をお届けする事ができ、お客様の笑顔を直接見れるその日まで私達は前を向いてこの険しい山を登ります!

そして、お客様が安心して劇場で観劇が出来るその日まで、私達はしっかり準備を進めてまいります。

 

出演者発表前におこないました《最速先行販売》でチケットをご購入頂きましたお客様には改めてご案内致します。

 

 

自粛が続く日々の中、コロナウィルスと隣り合わせの生活の中、皆さまも心身共に疲れがあると思います。

皆さまの心にも寄り添えるようなそんな作品作りが出来るよう、一刻も早い事態の収束を願いつつ、私達は日々精進してまいります。

長文、乱文を失礼いたしました。

 

劇場で皆さまと笑顔でお会いできる日を楽しみにしております。

 

 

100点un・チョイス!主宰

相馬 あこ